「野村善弘ガバナー公式訪問 5R1Z合同例会」

野村善弘地区ガバナーをお迎えして、中部国際空港ビルのセントレアホールに、5R1Zのメンバーが一同に集い、ゾーンの合同例会として開催されました。

 



 常滑ライオンズクラブ柴山会長のゴングで、開会です。
 柴山会長が、常滑開催に対し、歓迎の挨拶を述べました。

 

ガバナー挨拶

 国際会長のスローガンは「We Serve!」です。これから3年間は、このスローガンで、奉仕活動出来ることに感謝し、活動の原点に返り、奉仕の魅力を見直し、新たな活動を見いだして行くことを目指しています。「Power of Action!」「Power of We」「Power of Service」をキーワードとして、行動計画として「LCI For ward」を策定しています。
 地区ガバナースローガンは、「夢と絆で踏みだそう進歩の一歩 ウィ・サーブ」です。
 具体的な行動計画として、女性、家族を含む会員増強、会員資質向上のために指導力育成、LCIFのMJFの目標1000口、青少年の健全育成と奉仕活動への参加、県民安全犯罪防止活動の一環で防犯カメラ設置目標200台をを掲げています。
  GLTとGMT、GSTの3つを一貫して取り組むために、グローバル・アクション・チーム(GAT)を結成して、LCIビジョンを強力に推進していきます。皆様のご協力をお願いします。

 

常滑市長 片岡憲彦様 挨拶  

 ガバナー公式訪問が、常滑で開催さたことに感謝申し上げますと共に、皆様のお越しを歓迎いたします。
  常滑市は、今年、日本六古窯の一つとして、瀬戸市と共に愛知県で初めて日本遺産として認定されました。そんな焼き物のまちとして、またりんくう地域の新しい商業施設も含め空港のあるまちとして、脚光を浴びています。

 特に、空港島エリアでは、国内4番目の広さとなる空港直結の国際展示場やホテル、新しい空港ターミナルビル等の建設が始まっており、今後はいっそう多くお客様が、国内外から訪れるものと思います。新しいまちと伝統ある風情あるまちが一体となった常滑市を、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 


最後は、地区名誉顧問・元地区ガバナー奥村仁志様のローアで閉会しました。

第1451回
9月第1例会

17.09.05

野村善弘ガバナー公式訪問
5R1Z合同例会