例会セレモニー

 井口会長挨拶 

  

 

 6月の第1例会は、ライオネスクラブの最終例会になる予定です。
  当日は、垣見地区ガバナー、知立ライオネスクラブの皆様が、参加されるとお聞きしております。ライオネスクラブのスポンサークラブとして、出来るだけ多くのメンバーにご参加いただき、ライオネスクラブの最後の活動に花を添えたいと思いますので、ご協力をお願いします。

 助成金贈呈

  

常滑市ボーイスカウト連絡協議会 
会長 衣川耕治様

 井口会長から衣川会長に、野外活動の備品購入費用として、助成金をお渡ししました。
 衣川会長からは、「結成60周年と言うことでおめでとうございます。常滑のボーイスカウトも、設立からライオンズクラブ様にはお世話になり、5年前に50周年を迎えました。日頃からのご支援に感謝いたしますと共に、今後ともよろしくお願いします。」と挨拶がありました。

例会行事(会員スピーチ)

今回は、会員3名からスピーチがありました。

L.是澤秀太

   

 愛媛県出身で、ポンジュースが大好きです。道後温泉が有名ですが、道後温泉には入ったことがありません。
 小学校から地元のボーイズリーグに入り、高校、大学、社会人3年目まで、16年間、野球をやっていました。大学では、巨人の原辰徳監督の後輩になり、OB会でお会いしたことがあります。高校時代は、今と違い細身の体型でしたので、地元では「細身のタフガイ」と呼ばれていました。
 明治安田生命の常滑営業所では、30名の強者の女性に囲まれて、日々仕事をしております。当社は、Jリーグのタイトルパートナーとなっていますので、興味があればチケット等も手配できますので、ご希望があればお知らせ下さい。もちろん、保険のご相談はお受けしますので、お気軽にお尋ね下さい。
 現在は、野球でなくゴルフを趣味としてやっています。是非、お誘いください。

L.伊藤辰矢

  

 常滑で生まれ、青海保育園に通い、小学校、中学校は鬼崎、高校まで地元で過ごしました。高校時代に、バンドをはじめ、将来プロになりたいと思いましたが、大学で、先輩とのレベルの違いを痛感して諦めました。大学も、一年余分に通いましたが、卒業後に一念発起して、米国に語学留学しました。それまで、あまり真剣に勉強をしたことが無かったのですが、流石にその時は真面目に勉強して、それなりの成果を上げました。
 その後、何故か豪州にイタリア料理の修業を目指して行ったり、帰国後に介護施設の立ち上げに関わったりしている中で、参議院選挙のスタッフをする機会があり、政治への興味を持ちました。後に、衆議院議員秘書を務めて、それが人生の大きなターニングポイントとなりました。議員の仕事を覚え、秘書として様々な難題に取り組む苦労の中で、地元に尽くしたいと言う強い意志を持つようになりました。
 「ずっと常滑」というスローガンを掲げ、2011.4に市会議員に初当選、4年後に県議会議員に当選して、この常滑の為に、中学校の校訓であった「不断の努力」をモットーに頑張っていきたいと思います。

L.藤井良秀

 今日は、私と常滑の煉瓦煙突について真面目にお話しします。
 小学校の6年生の時、当時、煙突というと、四日市のスモッグ公害が大きな問題となっていたので、公害と煙突というテーマで、常滑の煙突を夏休みの研究発表で取り上げたのが、煉瓦煙突との出会いです。小遣いを貯めてカメラを買い、写真を撮って発表しました。
 4年前に、焼き物散歩道内の工場跡地に引っ越した機会に、市の補助もあって、敷地内の煉瓦煙突を2本再生しました。内一本は、イベント等で煙が出せるようにしてあります。そんな、自宅の景観もあって、2013年には、自宅が中京テレビの「レディーレディー」というドラマ撮影の舞台にもなりました。毎年夏には、自宅前の坂を活かし、地元のみなさんと協力して「あげあげ祭り」と称し、様々な催しやねぶたを曳き回すイベントもやっています。今は、煉瓦煙突が7本見える場所として、ギネス登録を目指しています。
 これからも、煉瓦煙突やイベントを通して、ふるさとである地元を盛り上げていきたいと思っています。

第1442回
4月第2例会

2017.04.18
4月第2例会が定例会場で行われました。