例会セレモニー

  

井口会長挨拶

 先の週末は、この冬最強の寒波に見舞われました。私も、日曜日は外出を控え、孫に自慢するために雪だるまをつくりました。
 1/10に、常滑警察署長から、薬物乱用防止教室等の活動を評価していただき、表彰状をいただきました。また、昨日は、結成60周年記念事業の一つとして、常滑市へ街頭防犯カメラの寄贈を行いました。実行委員会役員と5RZCのL.石川義治にも出席いただいて、片岡市長へ目録を贈呈しました。
 今週末は、いよいよ記念事業の上映会が行われます。1人でも多く参加していただける様、また当日の運営においても、会員の皆様のご協力が必要です。よろしくお願いします。




L.阿知和洋介に、MJFピンの贈呈です。
おめでとうございます。

例会行事(ゲストスピーチ)

昨年常滑に赴任された、中日新聞社 常滑通信局兼中部空港支局通信局長 小西数紀様をお迎えして、常滑の印象についてお話しいただきました。



 富山県出身ですが、学生時代から続ける吹奏楽の関係で、入社後、東海市の楽団に所属しており、それが知多半島との最初の関わりでした。
 常滑は、セントレアを利用するために通ったり、名古屋勤務時代に両親と観光で訪れた程度で、まさかここに勤務することになるとは思っていませんでした。父親が、焼き物散歩道がお気に入りで、私が常滑に赴任後も、訪れました。焼き物散歩道の率直な感想は、以前より人は多いように感じますが、少し活気に欠けてきているように思います。理由はよく分かりませんが、町並みとして、もう少し一体的な整備が必要なのかなと思います。
 日頃から、新聞のスクラップをしているのですが、赴任当初は、自分の知らない地元のことが自紙に載ったりして、悔しい思いもしました。常滑は、ビックプロジェクトが目白押しですが、中央で進む話しはなかなか実態を掴みづらいものです。地元の強みを活かした記事を目指していきたいので、皆様にも取材への協力をよろしくお願いします。

第1436回
1月第2例会

2017.01.17
1月第2例会が、CCNC本社コミュニティホールで行われました。